技術情報

ドクターブレード選定のコツ

「全ての印刷物に使えるドクターブレードを1種類選定してほしい」というご要望を良く頂戴します。
使い分けを無くすことで、より効率よく運用ができ、管理の複雑化を防ぐ目的で有効です。
その場合、一番条件の厳しい環境に合わせて選定を行いますが、どうしても印刷品質再現が難しいケースが出て参ります。

その場合にお勧めしているのが「目的別のドクターブレードの使い分け」です。
製版やインク種類、印刷ロット等、様々な条件に合わせて有効なドクターブレードを選定し、使い分けることで、より安定した印刷結果が実現できます。

問題解決の1つの方法として、ご検討をお願い申し上げます。

①ドクター種類の選定

★レギュラードクター(スチール SK-4相当 硬度580HV程度)

 小ロット
 印刷スピード低
 印刷品質要求よりコスト優先の場合
 版硬度が不明、借り入れ版、中古版使用の場合で硬いドクターが使えない場面

★コーティングドクター(硬度800~1000HV)

 中ロット~大ロット
 印刷スピード速
 高い印刷品質要求
 版硬度が一定で管理されている場合(900HV以上推奨)

★QROWT(クロート)特殊合金ドクターブレード(硬度600HV程度)

 金・銀・パールインキ専用に


②刃付け寸法やタイプの選定

刃先厚みの選定

薄くすればインク切れ向上(カブリ対策に有効)、厚くすればインクの転写量が増える(文字の頭飛び、かすれ等に有効)
刃巾の選定


1.3mmが標準。長くすることで振動吸収性が向上長すぎるとカブリ易くなるデメリット(腹掛けになる)
ドクター形状平行刃
摩耗しても接触面積は変わらず、インク切れが落ちにくい あらゆるケースで対応可能な万能型

傾斜刃
ドクター圧が高めでも使いやすい。しっかりドクター圧をかけて使う場合に有効。
摩耗すると接触面積が増えてインク切れが下がるデメリットがあり場面を選ぶ

特殊刃半傾斜刃
平行刃と傾斜刃の中間形状
刃の根元部分は傾斜刃に近く、コシがあり圧をかけてもしなりが少ない
刃先部分は平行刃になっており、薄く厚みも一定でインク切れもよい
刃先から0.5mm程度が使用可能領域で、そこから先は傾斜がついているため
根元まで摩耗させるような使い方には向かない


Vカット
平行刃の先端部分に面取りを加えて、鋭くしたインク切れ改善目的の特殊形状
印刷開始時のインク切れ向上やアイドリング時間の短縮
圧胴汚れの改善
印刷開始時と印刷中の色の濃淡変化の低減
印刷品質の向上 カブリ対策に
印刷スピードが速く、インク切れも求められる場面で有効

③コーティングの種類の選定

高い印刷品質要求があり、スチールが使いにくい場合ではコーティングドクターを選定する。

版硬度や印刷ロット、色により被膜種類や膜厚、硬度を使い分ける

【ネオセラソフト】 硬度700HV~

 版硬度が低い場合に選定
 なじみ易さを優先する場合に選定
 スチールだと印刷品質に不安があり、セラミックでは硬すぎる場合の中間選定用で、その中でも一番柔らかいドクター


【ネオファイン】  硬度800HV~

 版硬度が低い場合に選定
 なじみ易さを優先する場合に選定
 スチールだと印刷品質に不安があり、Nセラでは硬すぎる場合の中間選定用

 ネオセラソフトの耐久性向上型


【セパセラ】    硬度900HV~

 Nセラとブルーイングの複合被膜
 金網痕のない優れた平坦性 性能的にはNセラと同等品


【Nセラ】     硬度850HV~1000HVで自由に選定

 膜厚は5μm~20μm
 硬度は850~1000HVまで選定が可能
 様々な条件下で使用可能
 目的に合わせてカスタムできるのが特徴
 コスト面でも優秀 最も多くの場面で選定されている