ドクター型番の読み方

ドクターブレードの仕様選定の目的は何か

選定した製品のメリット、デメリットをしっかりお客様にご説明し、ご納得頂く事を大切にしております。


ドクターブレードの型番には、製品の仕様情報が詳細に記載されております。
表示のルールはメーカー毎に異なりますが、概ね意味するところは同じとなります。
ここでは当社のドクターブレード型番の意味をご説明いたします。

仕様の構成要素は以下の通りです。
母材メーカー、被膜種類、被膜厚み、被膜硬度、板厚、板巾、刃付け寸法、片刃両刃の種別、特殊形状の有無 
これらが型番から読み取れると、どんな目的で、どんな印刷に強いか、どんなトラブルが出やすいかが予測しやすくなります。


レギュラードクター

レギュラードクター
①材料メーカーの指定UHB= ウッデホルム(SV=サンドビック ER=エバーレ)
②素材厚み0.15mm= 鋼材厚み 0.15mm
③素材巾50mm= 鋼材巾 50mm
④刃付け仕様1360S= 13=刃付け巾 1.3mm
  60=刃付け厚み 60μm
  S=片刃(両刃=W)

コーティングドクター

コーティングドクター
①被膜種類新Nセラ= ニッケル・リン・SiC複合メッキ被膜ドクターの商品名
②メッキ厚み10μm= 表裏の両面に10μmの被膜厚み
③素材厚み0.15mm= 鋼材厚み0.15mm
④素材巾50mm= 鋼材巾 50mm
⑤刃付け仕様1350S= 13=刃付け巾 1.3mm
  50=刃付け厚み50μm
  S=片刃(両刃=W)
⑥メッキ硬度930HV= 930ハードビッカース